レーザー脱毛できない

 

どのような方法でレーザー脱毛は脱毛ができるのでしょうか?レーザー脱毛の場合は、熱エネルギーを毛根だけに与えて脱毛をします。
脱毛するために効果的に毛根に熱エネルギーを与えるため、特定の波長があるメラニンに反応するレーザーを使用します。


レーザーとしては、メラニンに対する反応の効率の点から800nm付近の波長のものが主として使われており、主流は755nmのアレキサンドライトレーザーと800nmのダイオードレーザーになっています。
ダイオードレーザーの場合は、最もメラニンに吸収されやすい波長になる特性を有しているため、ダメージを肌の表皮に与えることなく効果的で安全な脱毛ができます。


では、誰でもこのようなレーザー脱毛は受けることができるのでしょうか?ここでは、レーザー脱毛を受けることができない人についてご紹介しましょう。
埋め込み式の除細動器、ペースメーカーを使っている人、金属プレートが施術を希望する部位に埋め込まれている人、心臓疾患の重度を有する人、糖尿病などの問題がある人、妊娠の可能性や妊娠中の人は施術ができません。


なお、このようなこと以外に、肌が日焼けすると火傷する可能性が大きくなるため、施術が日焼けの状態によってはできないことがあります。
そのため、レーザー脱毛をしたいと考えている場合は、施術を希望する部位が日焼けにならないように、十分に注意しましょう。


本サイトでは、健康レーザー脱毛を受ける際の注意点についてご紹介します。